© 2018 by LOVE SKATE BOARD JAPAN 

​LOVE SKATEBOARD JAPAN

ラブ・スケートボード日本展

世界的な競技に発展したスケートボードディング。

世界で初の2020東京オリンピックの正式種目に選ばれました。

その歴史と共に日本のスケートボードカルチャーも育まれてきました。

​ファッションやカルチャーの中心的な存在として発信し続け人々愛される存在です。

日本を代表するスケーター、作家、写真家、アーティストを集まり

純粋に"LOVE” スケートボードをキーワードにスケートボード アート 

様々なスタイルでスケートボードカルチャーを発信します。

Presently,skateboarding has grown to Olympics Game Tokyo2020. 

Japanese skateboard culture also developed a rich skateboarding history.  Love Skateboard Japan has made the choice of the theme: “PURE LOVE OF SKATEBOARDING,”

for the Love Skateboard Japan Exhibition and events.

The best Japanese skaters,artists and skateboard builders have been selected to participate in this exhibition.

                             

                                            

Participants: (第二回出展者)

AKI AKIYAMA, KATSU AKIYAMA ,YOSHIRO HIGAI ,OSAKA DAGGERS, Chopper

FESN laboratory TAKAHIRO MORITA,EVISEN SKATEBOARDS 

MxMxM, TOSHIKAZU NOZAKA, MURAKEN, DISKAH , PARADOX Hirotton

SYUNOVEN, KIZM, MHAK, SANDNAOKI, RYUJI KAMIYAMA, NAOMI KAZAMA

TAKAO NIIKURACORE, HYDRO Shape & Designs Kiyotaka Ando ,

ysk−q Yusuke Mukaiyama ,dajac Yukine Matuta , Revel KOMI

 ,bluth skateboards Sugi, KOMJK.M.J.K.& Komi, GRAIN-ON SKATEBOARDS Kosuke Yamauchi ,WOODENTOY Koji Oba, INARI Masahiko Sano

 

2019 5/18~31/ adidas Originals Flagship Store Tokyo

Participants: (第一回出展者)

AKI AKIYAMA, KATSUAKIYAMA, T19 SKATEBOARDS,OSAKADAGGERS Chopper

YOSHIRO HIGAI, ESOW, FESN laboratory Takahiro Morita, MURAKEN

HITOTZUKI, DISKAH, NAOMI KAZAMA, RYUJI KAMIYAMA,TAKAO NIIKURA

KIZM, BENICOTOY, MxMxM, CREAM GRAPHICS,ALEXANDER LEE CHANG

CORE, HYDRO Shape & Designs Kiyotaka Ando, MO3 Ryosuke Kenmochi

A24 Gomyo, Bird Creation George Kodama, matsu, ysk−q Yusuke Mukaiyama 

dajac Yukine Matuta, PARADOX Hirotton, Revel KOMI, dig wood works 

bluth skateboards Sugi, KOMJK.M.J.K.& Komi, GRAIN-ON SKATEBOARDS Kosuke Yamauchi ,WOODBRAIN, WOODENTOY Koji Oba, INARI Masahiko Sano

 

2018 6/12-26 / BEAMS JAPAN 4F TOKYO CULTUART by BEAMS

                                                                                     Supported by adidas, BEAMS 

Radio

J-Wave SUNRISE FUNRISE SUNDAY 6:00am-9:00am レイチェルチャン 15min (1 time ON AIR)

FM Totsuka New One Radio IEF 1hour show (6 times ON AIR)    

 Great Big Story  You tube  program show

 

Magazine

Houynhonm,

The Day

Mastered

Board Kill Mag

Internet & Social medias

BEAMS  https://www.beams.co.jp/news/974/  

BEAMS JAPAN Tokyo Cultuartby BEAMS,https://www.beams.co.jp/blog/beams_japan/25811/s

Houynhonm   https://www.houyhnhnm.jp/news/178599/

  https://instagrammernews.com/detail/1800082053190916397s

TheDAY   http://thedaymag.jp/archives/love_skate/ https://instagrammernews.com/detail/1800046109534196104

Mastered  https://mastered.jp/news/loveskateboardjapan-beamsjapan/ 

Antenna  https://antenna.jp/articles/6685790

TOKYO TIME OUT  https://www.timeout.jp/tokyo/ja/things-to-do/love-skateboard-japan-―-

ラブ・スケートボード日本展-―

H.L.N.A  http://hlna.jp/2018/06/-beams-japan.html  

Epic Snowboarding Mag  https://epic-snowboardingmagazine.com/information/events/love-skateboard-japan/                                                        

Studio Fisheye  http://fishi.seesaa.net/article/459801160.htm l

CORE  http://c-o-r-e.cc/archives/734/  

Hitotzuki http://www.hitotzuki.com/2018/06/06/love-skateboard-japan-ラブ・スケートボード日本展/

Local Clip http://local-clips.com/topics/love-skateboard-japan-ラブ・スケートボード日本展/

 ラブ・スケートボード日本展 実行委員会

実行委員長

WOODENTOY 大場康司

『wooden toy』は自らも優れたスケーターである大場 康司氏が宮大工の経験を生かしシェイプする国産スケートボードブランド。自身で選び抜いた木材を使用するため1本ずつ色や形が違い、家具や楽器を仕上げる様に手間を惜しまない。こだわり抜いたフォルムはもちろん、ボード各々に特徴があり、どこか暖かく愛着が湧く。『wooden toy』は世界にたった一つのスケートボード。

http://woodentoy.jp

 

実行委員会代表

INARI 佐野雅彦

 

プロフィール

佐野雅彦 / masahiko sano

1972年 東京下町生まれ 

5歳からスケートボードを始める

渋谷駅前の東急文化会館の屋上カルフォルニアスケートパーク

でAKI AKIYAMA氏の素晴らしいライディングに衝撃を受ける

アメリカ・カルフォルニア・マリブビーチを舞台としたサーフストーリ ・ジョン・ミリアス監督

BIG WEDNESDAYで少年たちがスケートボードがサーフィンの練習道具に使っているのを知り、

13歳からサーフィンを始める。16歳の時に初のアメリカ西海岸へ行き、ベニスビーチDOG TOWNやカルフォルニア本場のスケートボードとハンティントンサーフィンを観て自分の求めるスケートボードとサーフィンはカルフォルニアにあると確信よりより真剣にのめり込む。 その後渡米しカルフォニア州サンディエゴの海沿いに住みアメリカ西海岸にて約3年間アマチュアコンテストプロアマサーフィンとフリースタイルでのスケートボードに集中し没頭する。同時期友人の紹介にてレジェンドサーファーPineapple Betty's の大野薫氏と出会い大きな影響を受ける。

帰国後、大好きな海と自然環境を守るサスティナブルを考え活動しながら,アメリカ・カルフォルニア州COSTA MESAに本社がある世界初のサーフィン、スケートボード、スノーボード (3S)アパレルブランドVOLCOM 日本支社にて勤務。古材や廃材を使用するお店つくりとアートイベントでは中目黒の伝説のギャラリー大図実験 のVolcom Stone presents “EXPERIMENTAL ART SURF SHOP” Group Show by DYZSの復活や日本のレジェンドスケーターT19 Skateboard 創設者 (故) 大瀧ひろし氏とPineapple Betty'sの復刻企画と大瀧ひろし氏の指導の元, 障害者サーフィン、スケートボード、チェアスキースノーボードのNPO団体支援プログラムや ショートムービー作りとイベント支援の活動、その他にも地球環境を大切にするOUTDOOR ブランドPatagonia日本支社の協力の元クリーンアップ活動(ビーチクリーン、マウンテンクリーン)3Sのフィールドである海と山そして地球環境を守る自然環境を配慮するプログラムCSR部署の立ち上げ環境活動NPO,地域活動家の方々と共にを経験することにより自身が子供のころから触れているスケートボードとサーフィン文化と日本古来の文化とつなぎ環境配慮し持続可能な活動に繋がる活動メッセージを配信することに力を注ぎ始め

自身が20年程行ったいた廃材使い作るDIYスケートボードを大瀧ひろし氏より

スケートボード歴史形のデザイン機能の役割を学びながらプライウッドではない無垢の材木から削り出すINARIスケートボード作りをスタート

2016年 より神社や仏閣 お風呂屋さん、住宅や店舗から出た古材廃材を使って作る

一生ものスケートボード作りをINARI SKATEBOARDとして製作を本格的に開始する

日本の文化を世界に発信するBEAMS JAPANのトーキョーカルチャートby BEAMSにて

販売をスタート

2018年 6月 LOVE SKATEBOARD JAPAN スタート

T19 SKATEBOARDS 大瀧ひろし氏との生前約束

日本のスケートボードのお祭りの実現を夢に

日本におけるハンドシェイプスケートボードメーカのパイオニア

WOODEN TOY大場組代表の大場康司氏に相談し

LOVE SKATEBOARD JAPAN 設立

スケートボード文化を愛し大切にするスケーターとアーティストの

に大きなご協力により

新宿BEAMS JAPANにてトーキョーカルチャートby BEAMSにて

第一回 LOVE SKATEBOARD JAPAN 開催を実現

(2018 6/12~26 / BEAMS JAPAN 協力/BEAMS JAPAN, adidas Japan )

 

原宿キャットストリートadidas Originals Flagship Store Tokyoにて

第二回 LOVE SKATEBOARD JAPAN 2019 開催中

2019 5/18~31/ adidas Originals Flagship Store Tokyo 協力/adidas Japan